メールマガジン会員登録
TFS行政書士法人
JSK青山中央社会保険労務士法人
日中業務サポート
就労VISAサポート
JSKグループ・TFS国際
税理士法人は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属

相続のご相談はこちら

相続税申告
相続手続
生前贈与・贈与税申告
遺言書作成
遺産分割協議書作成

相続税申告

これまで、相続税の課税割合は、全国的には相続発生件数の4.2%強と少なく、一部の富裕層のみが申告する、いわゆる「贅沢税」的な色合いが強いものでした。

しかしながら、2012年2月17日に閣議決定された「社会保障・税一体改革」によって、基礎控除の引き下げや死亡保険金の非課税限度額の要件追加等が盛り込まれ、施行後は広く一般の家庭でも相続税が発生する可能性が高くなりました。

特に東京都23区内の場合は、不動産価格が高いため、ご自宅と預金・株式を保有でしている程度でも、相続税申告の課税対象者となる可能性が高く、都内での課税対象割合は10%を超えるとも予想されています。

そこで、「社会保障・税一体改革」が施行され、相続税がかかることがわかってから慌てないためにも、相続税の仕組みを理解して、1日も早く相続税対策を行って行きましょう。

社会保障・税一体改革の要点

社会保障・税一体改革の要点
JSK国際税理士法人では、税制改正が施行されてから慌てないために、
まずは、相続税がかかるのかどうかの試算
次に相続と贈与のどちらを選ぶのが得なのかのシミュレーション

をみなさまにおすすめしています。

相続対策は時間との勝負です。まずは早めにJSK国際税理士法人にご相談ください。

お問い合わせ